ジョンスメドレーのタートルネックニット

伝統あるニットメーカーの真髄

1700年代に誕生した同社であるが、一貫したクラフトシップマン精神で良質なニットを今日まで生み出し続けている。ニットというものは繊細なもので、チクチクとした感覚や静電気など、着る人間に小さなストレスを与える要素が多いものだ。しかし同社のニットはそれを極限まで排除した素晴らしい商品である。

そして、最も気に入っているものはこのタートルネックのものである。保温性に優れているのはもちろんだが、首を圧迫することなくふわりとした着心地だ。ジャケットなどの相性も良く、冬のカジュアルビジネスの主役として活躍している。ウールでもカシミアでも、一味違う素晴らしさをぜひ体験してみてはいかがだろうか。

JOHN SMEDLEY

CASHMERE

UNITED KINGDOM