野田琺瑯のバターケース

シンプルなこだわりで食卓を彩る

琺瑯素材のキッチンツールは本当に使いやすく便利なものだと感じる。熱源にあまり強くはないが、洗いが楽ですっきりしたそのデザインにファンも多いことだろう。そんな琺瑯の人気を支えるのがこの野田琺瑯のバターケースである。琺瑯・蓋・バターの色各々が美しく見える容器である。

実際に使う際は琺瑯容器をひっくり返すと、桜の木を使った蓋にバターが落ちて、ナイフで切りやすくなる。そのまま食卓に出しても良しで、しまう際も再び容器側にひっくり返すだけである。他の調理器具に比べて登場回数は多くないが、たまに使うものこそミニマルなものだと、気持ちよく普段使いできるのである。

NODAHORO

HORO

JAPAN